マンスリーマンションは礼金がかからないので新生活の初期費用を抑える事が出来ます

マンスリーマンションに住む利点は、その初期費用の安さにあります。そのため、新生活を始めるにあたっては、貯金が少なくても安心して出来るのです。そこが大きな利点です。中でも一番嬉しいのは、礼金がかからないと言う事です。これは、通常の賃貸を借りる場合には家賃の1か月分か2カ月分のお金が必要となります。そのため、家賃10万円の賃貸を借りようと思った場合には、10万円か20万円程度の初期費用が必要となるのです。しかし、マンスリーマンションの場合には、礼金がかかりませんので、その10万か20万円の金額と言うものを用意しなくてもいいのです。これだけあれば当面の生活費にまわす事が出来るのですから、どれだけお得かと言う事が分かります。さらに、初期費用がかからないと言う点では、家具や家電が備え付けで用意されている点も注目をしたいところです。新生活を始める場合は、生活用品として家具、家電の準備をしなければいけません。タンスやベッド、テレビ、冷蔵庫、電子レンジなどと言うものを用意する必要があるのですが、備え付けの場合のはそれらを用意する必要もないのです。そのため、新生活を始めるにあたって、初期費用がかからず生活出来るのです。

礼金が要らないなどのマンスリーマンションのメリット

マンションやアパートなどの部屋を借りるのは賃貸借契約を貸す側のオーナーと借りる側の住む人の間で交わされて成立するものであり、ひと昔前までは長期期間を前提としたものが一般的であり、契約には家賃以外に敷金や礼金、仲介してくれた不動産会社への仲介手数料などの費用負担がありました。これは長期期間でも短期期間でも同様の費用が発生しており、短期期間の契約の場合は敷金、礼金、仲介手数料が重くなっていました。その構造を大きく変えたのが、マンスリーマンションという短期期間での賃貸借契約前提のシステムです。マンスリーとはマンスリー単位の契約を指しており、敷金や礼金、仲介手数料と言った従来の費用が必要なく、一ヶ月や二ヶ月と言った単位の契約で費用を抑えることが出来るシステムなのです。しかもマンスリーマンションの多くは部屋の中に、テレビや洗濯機、冷蔵庫、照明器具、ベットや布団など生活に必要な設備を揃えているのです。よって、借りるとすぐにその借りた部屋で生活をすることが出来るのです。場所によっては、食器などの備品やシャンプーや石鹸などの消耗品まで揃えているのです。ホテルでは長すぎる出張などに大変便利なシステムであり、増えて来たのです。