礼金不要のマンスリーマンション

マンスリーマンションは、敷金礼金がかかりません。ですので、普通の賃貸のマンションに比べると、初期費用は安く済ませることが出来ます。敷金や礼金などは結構費用が掛かってしまうものですが、それらが必要ではないのです。それに、マンスリーマンションには他にもお得なサービスがあります。例えば、家具や家電などがついてくるというサービスです。普通であれば、賃貸のマンションなどを借りると、部屋の中には何も無い常態であるはずです。ですが、家具や家電など、生活をするうえで必要になってくるものが最初からついてくるのです。単身赴任などで借りる場合、このサービスはとても便利です。生活を行ううえで必要になってくる家具や家電は絶対にあります。なので、購入しなくてはいけないのですが、それらを借りることが出来るのです。購入するとなると費用も掛かりますし、何よりも家に帰ったときに、せっかく揃えた家具や家電は不必要になってしまい、処分しなくてはいけなくなります。ですが、このサービスを利用すればそんな手間やお金がかからないのです。それに、入居するときにも、荷物が少なくて済みますし、入居したその日から普通に暮らすことが出来ます。

マンスリーマンションならば、敷金礼金ゼロが当たり前

マンスリーマンションは一時滞在型の手軽な住宅として都市部を中心としたサービスとして大きく拡がってきた。たとえば単身赴任で短期間、自宅とは別の都市に住まなければならない場合、あるいは学生が実家から出て都心の大学に通う場合、または外国人が日本に短期滞在する場合など、通常ならば月極め単位で借りることのできるこの手のマンションは非常に便利な存在である。より短い期間であればホテルに滞在するという選択肢もありうるが、こういったマンションには長く滞在すればするほど1日あたりの単価が安くなるというメリットがある。また通常のマンションやアパートと比べても大きなメリットがある。それは通常のマンションやアパートの場合、いわゆる日本的な旧来型の「伝統」ともいえる敷金・礼金というものが掛かるケースがほとんどという点だ。これに比べるとマンスリーマンションの場合は敷金・礼金ともにゼロというのが最近では当たり前となってきている。確かに敷金・礼金にも良いところはあると思うが、比較的短い期間の住居あるいは滞在先として考えると、余計な出費は少しでもない方が良いと思う。マンスリーマンションは通常のマンション・アパートを借りるには短期間、と言ってホテルに泊まるには長い期間という短・中期の宿泊に適した宿泊施設・住居である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*